2012年

6月

28日

広瀬隆氏 緊急講演会 7月4日(水)

『拡散お願いします』(転載案内)

広瀬隆さんの緊急講演会に是非ご参加ください。

 

国民総決起で大飯原発再稼働を阻止しましょう。

第二の「フクシマ」を生むことは許されません。

全ての原発と再処理工場を廃止に。

私たちと私たちの子孫のために。

 

日時:2012年7月4日(水)

   18:30〜21:00(開場18:00)

 

場所:文京区民センター3A会議室

   (東京メトロ 春日駅 A2出口1分)

 

講師:広瀬隆氏 (作家、ジャーナリスト)

参加費:1000円(先着順・450人)

 

主催:「終焉に向かう原子力」実行委員会

 

問合わせ先:TEL&FAX 03ー3739−1368 

                         携帯:090−9137−2437

E-mail:          

 

続きを読む

2012年

6月

25日

原発と活断層〜その実態を聞く (たねまきジャーナル6/6)

たねまきジャーナル 6/6放送。

本当の活断層を見分けるプロがいない中で国の審査が通ってきた…。

変動地形学者(活断層のプロ)が、保安院の側に不在のまま原発の安全審査が進められてきていたという恐ろしい事実!

 

活断層の専門家、東洋大学の渡辺満久教授に聞きました。

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1974.html

 

http://www.youtube.com/watch?v=03daGnmz3mg&feature=player_embedded

 



2012年

6月

25日

ロサンゼルスで大飯再開抗議:日本総領事館前 

We oppose restart! 大飯原発再開反対!!

6月22日(金)午後3時よりロサンゼルスに本総領事館前で「大飯原発再稼働抗議集会」が開かれました。

 

ロサンゼルスで活動を続ける米国人団体とともに現地で暮らす日本人が参加。野田総理大臣に当てた再稼働抗議の手紙を日本総領事館に手渡した。

 

抗議集会には50人程が参加した。ロサンゼルスからおよそ100㌔程南には、電力会社南カリフォルニアエジソンが運営するSan Onofre原発がある。この原発は今年1月に配管に欠陥が見つかり、現在2号機、3号機の稼働を停止しているが、安全対策がとれたとして電力会社が再稼働に向けて準備を進めている。

 

日本とロサンゼルスを結ぶ共通の課題「原発再稼働」について、およそ50人が総領事館前で訴えた。

http://8bitnews.asia/wp/?p=1353#.T-fVjCt1CRW

 

 

 

2012年

5月

15日

セシウム緊急警報!国連バン・ギムンに嘆願書を送ろう!

Avaaz「国連への嘆願書」に署名ご協力ください。

フクシマ第一4号機の使用済み核燃料プールは、今も尚むき出しの状態で、チェルノブイリの10倍の放射能がまき散らされ、原発人災を招く恐れがあると専門家たちは警告しています。

第二の福島原発事故を阻止できるかどうかは、私たちにかかっています。

国連のバン・ギムン事務総長に、直ちにこの問題に取り組むよう要請するため、Avaazは5万人の嘆願書名を集めています。

5万院分の署名が集まったら、Avaazのスタッフがニューヨークの国連本部に

直接届けるとのことです。

署名&拡散お願いします。

http://www.avaaz.org/jp/cesium_red_alert/?vl

 

 

 

 

2012年

5月

07日

村田光平先生講演会 東京池上本門寺にて

元スイス大使・村田光平氏の講演会案内です。

 

東京・池上本門寺にて6月16日(土)午後1時30分〜3時30分、村田光平氏の講演会「新しい地球倫理を求めて」が開催されます。

 

去る3月22日、参議院院予算委員会公聴会での村田先生の公述「フクシマ原発4号基がもたらす地球的危機」警鐘は、日本国内はもとより世界各国に大きな衝撃を与え、原発廃炉が何故に緊急時であるのかを明確に知らしめて下さいました。原発に無関心であった人々の意識にも大きな転換をもたらしています。

http://www.youtube.com/watch?v=Q5oniO6TG-U

発言要旨書き起こし

 

抜粋:「フクシマ事故は全世界に想起させつつ有ると信じております。このような事故を体験しながら、なお、脱原発に躊躇するというのは「倫理の欠如」というそしりを免れないと、私は考えております。

 特に、この処理方法が未だ発見されていない核廃棄物、これに象徴されるのは今の世代の倫理の欠如と言えると思われます。そしてこれは人類の緊急に取り組まなければならない課題だと信じています。この放射能汚染とこれを許すあらゆる行為は計り知れない害を永久に人類と地球に残すものです。


フクシマ原発事故を経験した日本には、軍事・民事を問わず進の核廃絶を世界に発信すると共に、生命重視の母性文明を育てる使命が有ります。」

 

世界的危機に対する警告と、未来への提言を直接聞くことができる機会です。是非お聞きください。

 

 

ーーーーーーーーー講演会ご案内ーーーーーーーーーーーー

 

日時:2012年6月16日(土)13:30〜15:30

会場:池上本門寺 朗報会館4階

入場料:300円

主催:大田区宗教者懇話会

問い合わせ☎:070ー6521−2997 

      (大田区宗教者懇話会事務局 飯田)

 

 

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

06日

「日本の全原発停止を歓迎する」アボリッション2000年次総会メッセージ

本日(5月5日)、核兵器廃絶のために活動しているNGOの世界的ネットワーク「アボリッション2000」の年次総会がウィーンで開催されています。この年次総会の参加者一同は「日本の全原発の稼働停止を歓迎するメッセージ」を先ほど採択し発表しました。全文は以下の通りです。

from:http://globalethics.wordpress.com/2012/05/06/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%85%A8%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%AE%E7%A8%BC%E5%83%8D%E5%81%9C%E6%AD%A2%E3%82%92%E6%AD%93%E8%BF%8E%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%A2%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/

 

英語全文は、こちら

Abolition 2000 

http://www.abolition2000.org/?p=2266

 

2012年

5月

05日

ABAAZ署名 原発ゼロ社会へ 野田総理 枝野経産相宛

もう署名されましたか?

(重複ご容赦ください。以下AVAAZ mailより転します。)

 

今日(5月5日)、現在稼働している最後の原子炉の運転が停止され、日本は先進国としては世界初の「原発ゼロ」社会となります。しかし、政府は原発再稼働の可能性をあきらめてはいません。専門家は最終的には国民の要求のみが原発を止めることができると主張します。野田首相と枝野大臣宛のこの重要な嘆願書へ署名下さい。彼らに将来の完全なる原子力放棄を含む 新しい日本のエネルギー計画への誓いを呼びかけましょう。

 

http://www.avaaz.org/jp/japan_its_our_time_to_shine/?vl


0 コメント

2012年

5月

05日

42年ぶり原発ゼロの日 こどもの日

今日は、「原発ゼロ」の日&こどもの日。

1970年東海ムラ原子力発電所が稼働を初めて以来42年目、国内原発50基の内、唯一稼働していた泊原発停止により(5月5日午後11時03分発電停止)全原発停止、記念すべき”こどもの日” 。

 

国内「原発ゼロ」報道を集めてみましました。

2012年5月5日が、原発ゼロ社会実現の歴史的な第一歩となることを祈って。

 

ーーーーー★★★

国内の原発は54基ありましたが、3.11フクシマ原発事故により廃炉が決定した1号機〜4号機は、既に原発としては認められないため、現在国内原発は50基となるとのことです。

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日新聞 「原発稼働ゼロ:70年以来42年ぶり 懸念の中、夏へ」

http://mainichi.jp/select/news/20120506k0000m040097000c.html

 

東京新聞 「 原発ゼロ時代に挑む 運転46年 全50基が停止」

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012050590070719.html

 

★泊原発の出力リアルタイムデータを北電のサイトから見ることができます。

http://www10.hepco.co.jp/gen_out_realtime.html

 

 

朝日新聞 「次世代へ、原発ゼロの未来を」各地で集会・デモ

http://www.asahi.com/national/update/0505/TKY201205050356.html

 

読売新聞 「全原発停止 これでは夏の電力が不足する」

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20120504-OYT1T00811.htm

 

 

産經新聞 「原発ゼロ 産業空洞化の懸念」

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120504/trd12050423590022-n1.htm

 

 

 

 

 

時事通信 「安全性を厳しく考えた結果」=原発稼働ゼロで細野環境相

http://www.jiji.com/jc/q?g=eqa&j4

「こども1万5千人減少」=原発事故も影響 フクシマ

http://www.jiji.com/jc/q?g=eqa_30&k=2012050400304

 

 中日新聞 「未来を築く人たちに こどもの日に考える」

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2012050502000067.html

原発ゼロ。特別なこどもの日。日本中どこの空にもこいのぼりが泳げるよう、大人たちが考え、話し合い、子どもたちより一足早く、行動を始める日。

 「放射線になんか、まけないぞ!」(太郎次郎社エディタス)。福島県郡山市赤木小学校教諭の坂内(ばんない)智之さん(43)が福島の子どもたちのために書きました。

 

北海道新聞 「全原発の停止 安全な未来への出発点に」

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/369804.html

 

 

 

ぽぽんぷぐにゃんラジオ

 

 

 

グリーンピース

http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/dblog/blog/40152/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2012年

5月

05日

大船渡にゆかりの皆さん「奇跡のピアニスト・梯剛之ピアノリサイタルin 大船渡」入場券配布始まりした!

”新生” 梯剛之を見る思い…!と、ピアニスト・梯剛之さん(ウィーン在住)を良く知る方から驚きと歓びのメッセージを受け取りました。

 

その”新生” 梯剛之さんの東北復興応援ピアノリサイタル・ツアーが、5月24日、大船渡リアスホールを皮切り三陸沿岸各地で行われます。

5月24日(木)大船渡公演の入場整理券配布が始まりました。

http://www.kazenofune.info/災害地支援/

 

混雑も予想されるとのこと。早めに「入場整理券」を入手され、ウィーンで培われたピアノの調べをご堪能ください。

大船戸在住の皆さんはじめ、各地大船渡にゆかりのある皆様、このお知らせをご覧になっている皆様、どうぞお申し込み下さい。

 

ーー詳細ごあんない

http://www19.jimdo.com/app/sd56cfe64368fcad3/p1b03a3543608c579/

続きを読む 2 コメント

2012年

4月

15日

関西電力、夏場電力は本当に不足?

名古屋大学、高野雅夫准教授の解説をお聞きください。

各電力会社が経済産業省に提出したものをまとめた統計データを元に説明しています。

「節電必要ないくらい、十分足りるほどの発電能力を電力会社は持っているという事です。」(高野先生コメント)

 

2012/03/24公開 そもそも総研「原発ゼロでも電力足りる!?」

http://www.youtube.com/watch?v=0NP_T2ujSLw&feature=relmfu

http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=hmDQB16ryYY

 

 

2011/6/13 公開 「日本が電力不足に!? 小出裕章先生、広瀬隆氏 電力不足はウソ」まとめ

http://www.youtube.com/watch?v=j0lBBLlcbQw&feature=related

 

 

------------    最近の日本政府 原発再稼働の理由   ----------------

2012/4/12  野田総理と4閣僚政治判断。

夏場電力10%不足見込みのため、大飯原発再稼働。

これまで「再稼働は電力需給問題とは関係なく、安全のみの観点から政治判断される」と言い続けてきた細野復興相…、しかし今回、枝野経産相は「20%の夏場電力の不足に陥る可能性、厳しい電力不足に直面」と、再稼働政治判断の理由を説明した。

Newsweek:

 

http://www.newsweekjapan.jp/headlines/business/2012/04/70678.php

 

2021/4/15    大飯原発再稼働を経産相が要請 福井県知事は回答保留

http://www.newsweekjapan.jp/headlines/business/2012/04/70708.php

記者団の質問に答えて:「政府方針は原発依存から脱却だが、いまは原発に依存しているので、裏返して言えば原発は重要な電源であり、従来から申し上げていることと何ら変わりはない」と強調した。!!??!!??

 

 

0 コメント

2012年

4月

14日

映画「核の傷」肥田舜太郎医師と内部被爆 

「私自身が内部被爆者です。」

被爆治療と核廃絶運動に献身した肥田舜太郎先生(95歳)が、内部被爆の実態を訴えた映画「核の傷」の上映会が全国で始まりました。

 

「核の傷」公式サイト

http://www.uplink.co.jp/kakunokizu/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2012年

4月

14日

再稼働ホントに必要?「関西電力のウソ」広瀬隆氏

「関西地方は原発ゼロでも真夏に電力不足は起こらない、みんな安心して」

ジャーナリスト・広瀬隆さんが、4月5日「週刊朝日UST劇場」で語っています。

 

日本人誰でもが、電力会社の「電力不足キャンペーンの嘘」を共有しなければ、私たちがこの国に住めなくなると。具体的な詳細データを示しながら、今年の夏場の電力不足の不安を解消し、原発再稼働が必要ないことを広く確認しえるよう手順を公開しました。

http://www.wa-dan.com/hirose02/

 

一人でも多くの方に伝えて下さい。

夏場ピーク時の電力確保にさえも、原発再稼働の必要がないことを。

「おおい原発3・4号機の再稼働 トンデモナイ!動かせば、大事故を招いて近畿地方は廃墟になる。」と広瀬氏は警告しています。

 

たねまきジャーナル:ゲスト広瀬隆氏 2012年4月2日

http://www.youtube.com/watch?v=Xg1T-Dv_77g&feature=related

(ジャーナルトークの開始5分ぐらいから、広瀬さんのインタビューです。)

 

 

 

 

 

 

 

2012年

2月

16日

緊急抗議声明「原発ストレステスト」審査書提出は拙速

緊急声明

------------------------------------------☆

審査書提出は「拙速」+保安院聴取委員が抗議

ストレステスト意見聴取委員会 委員:井野博満 後藤政志

-----------------------------------------

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012021300948

抗議全文 PDF

http://www.kk-heisa.com/data/2012-02-13_st_ino_goto.pdf

 

ストレステスト意見聴取会では、徹底して議論を尽くす事が国民に対する原子力安全・保安院の責務。しかし、保安院はさまざまな技術的問題を残したまま「関西電力大飯原発3号基・4号機の一時評価を「妥当」とする審査書を原子力安全委員会に提出しました。同委員会の井野委員・後藤委員、お二方の「緊急声明」を政府は、どう受け止めるのでしょうか。

日本国民のみならず、全世界が放射能汚染の危険に晒される中、原爆被爆国の日本政府対応を、世界が注目しています。

 

 

 

 

0 コメント

2012年

2月

16日

六ヶ所再処理施設当面中断、核燃サイクル凍結を求め提言

--------------------------------------------------------------------------------------☆

民主党 「原子力バックエンド問題研究会」提言

--------------------------------------------------------------------------------------

民主党の有志議員約70人からなる「原子力バックエンド問題勉強会」(会長・馬淵澄夫元国土交通相)が、核燃サイクル路線は実質的に破綻しているとし、六ヶ所再処理工場を凍結して、使用済み燃料を乾式貯蔵する方針をとるよう政府に要請する第一次提言をまとめ、2月7日、藤村修官房長官に届けました。8日には、文部科学相、9日に環境相、10日に古川内閣府特命担当大臣に提出というスケジュール。

 

提言は、「六ヶ所再処理施設の当面中断」と「核燃サイクル方針凍結」を求めています。

 

民主党の馬淵澄夫衆議院議員を会長とする原子力バックエンド問題勉強会(提言)

http://nuclear-backend.jp/teigen/120207teigen.pdf

全文

http://nuclear-backend.jp/

 

 

六ヶ所再処理と核燃サイクル凍結を求めた民主党「原子力バックエンド問題研究会」の提言を歓迎。「川崎哲のブログ」より

http://kawasakiakira.at.webry.info/201202/article_2.html

 

 

0 コメント

2012年

2月

15日

自民党エネルギー政策議連「提案」

 

----------------------------------------------------------------------☆

自民党エネルギー政策議連「提案」 

---------------------------------------------------------------------

原子力ムラを解体し、現実的な脱原発を実現する。エネルギー分野で多様な主体による分散型技術革新を実現する。将来の化石燃料の価格高騰にも対応できる、世界に先駆けた再生エネルギービジョンを実現するーーーを大きな方針とした「日本のエネルギー政策」を提案。原子力規制に関して・差原発再稼働に関して・今後の原発のありかたについて・電力供給体制に関して・バックエンドについて・再生可能エネルギーについてーー提言しています。

http://www.taro.org/2012/02/post-1163.php

 

日本のエネルギー政策「原子力発電」シリーズ (河野太郎ブログ)動画をご覧下さい。

わかりやすく、問題が具体的に提示されています。

youtube: 日本のエネルギー政策

 

 

 

 

0 コメント

2011年

12月

15日

2012/1/14-15 原発世界会議、チケット発売開始

フクシマの原発事故をへて、わたしたちは岐路にあります。

こどもたちを守り夢と希望をつなぎたい。

核の時代を終わらせ 自然と生きる未来を創りたい。

できるんです。

世界の人々とつながれば!

http://www.npfree.jp/

 

 

0 コメント

2011年

12月

15日

原発世界会議、グローバルヒバクシャ

脱原発、「新しい復興の道筋を作る会議」ということをはっきりと示し、企業・自治体に働きかけていきたい。」ピースボート共同代表 川崎哲  swissinfo.ch

http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=31177554

0 コメント

2011年

11月

08日

11/7 「フクシマの農地、元に戻すことは困難…」小出助教

「種まきジャーナル」2011年11月7日、小出裕章先生(京都大学原子炉実験所・助教)がインタヴューを受けて話されました。

 

東電「臨界判定の基準見直し」について

フクシマ県チェルノブイリ視察に関連して

 

種まきジャーナル:

「フクシマの皆さんでチェルノブイリを訪問し意見交換したが、農地の除染の難しさを言われショックを受けている。(チェルノブイリでは)農地の表土除染はやってはいけないといっていた。これは小出先生がおっしゃっていたことですね。」

 

小出裕章先生:

「農地がこんなに汚染されるということは思いもよらなかったことだと思う。

しかし実際には農地が汚染された時にはどれほど回復が困難かということは歴史的に(チェルノブイリ事故で)わかっていることだった。回復はできない。それを伝えることはつらいけれども、フクシマの人々もそれを知らなければならない。

 

国はそれをちゃんとそれを説明しなければいけなかったと思うが、未だに国は「除染をすれば戻れる…という情報を流している国なのですね。ここは。」

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2011年

10月

27日

500年に一回の確率!?無責任で恥ずかしい試算

原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会(内閣府原子力委員会 小委員会)は、25日、原発事故や核燃料サイクルに関する試算をまとめた。

 「原子力委員会があのような計算をすること事態、無責任で恥ずかしいことだ」と環境エネルギー政策研究所所長・飯田哲也氏は、批判している。

http://business.nifty.com/cs/catalog/business_news/catalog_ncn-20111027-nw136133_1.htm

0 コメント

2011年

10月

27日

どうぞ知ってください、この人々のことを。

関西TV スーパーニュースアンカー ~原発日雇い労働者 ... -

http://www.twitvid.com/S8CPW

 

それでもわたしたちは「原発エネルギー」から快適便利な近代生活を求めなければならないのでしょうか…。

0 コメント

2011年

10月

22日

[スラブチチには、生きていける希望がある…]

ソ連が事故後2年で作り上げたスラブチチ。

「これは福島県再生のための参考になる…」(浪江町長)

悲劇から立ち直った”新しい町”の姿をとらえたドキュメンタリーから、日本は、何を学ぶことができるのでしょう。ふんばろう日本政府。

http://www.youtube.com/watch?v=Xqfs3Lj7mtU&feature=related

2 コメント

2011年

10月

09日

福島:子供の甲状腺検査始まる 36万人、生涯チェック

共同通信 
共同通信 

 福島県は9日、東京電力福島第一原発事故に伴う県民健康管理調査の一環として、今年4月1日時点で18歳以下の子供全員の甲状腺検査を福島市の県立医大行院で初めた。約36万人を対象に生涯にわたって甲状腺をチェックする世界でも類を見ない調査となる。

全文:   http://mainichi.jp/life/health/news/20111010k0000m040067000c.html?toprank=onehour

0 コメント